三帰依文(さんきえもん)


人身(にんじん)受(う)け難(がた)し、いますでに受(う)く。仏法(ぶっぽう)聞(き)き難(がた)し、いますでに聞(き)く。此(こ)の身(み)今生(こんじょう)において度(ど)せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身(み)を度(ど)せん。大衆(だいしゅう)もろともに、至(し)心(しん)に三宝(さんぼう)に帰依(きえ)し奉(たてまつ)るべし。

 自(みずか)ら仏(ぶつ)に帰依(きえ)したてまつる。まさに願(ねが)わくは衆(しゅ)生(じょう) とともに、大道(だいどう)を体解(たいげ)して、無上(むじょう)意(い)を発(おこ)さん。

 自(みずか)ら法(ほう)に帰依(きえ)したてまつる。まさに願(ねが)わくは衆(しゅ)生(じょう) とともに、深(ふか)く経蔵(きょうぞう)に入(い)りて、智慧(ちえ)海(うみ)のごとくな らん。

自(みずか)ら僧(そう)に帰依(きえ)したてまつる。まさに願(ねが)わくは衆(しゅ)生(じょう) とともに、大衆(だいしゅう)を統理(とうり)して、一切(いっさい)無碍(むげ)ならん。

無上(むじょう)甚深(じんじん)微妙(みみょう)の法(ほう)は、百千万(ひゃくせんまん)劫(ごう)にも遭遇(あいお)うこと難(かた)し。我(われ)いま見聞(けんもん)し受持(じゅじ)することを得(え)たり。願(ねが)わくは如来(にょらい)の真実(しんじつ)義(ぎ)を解(げ)したてまつらん。


「三帰依(きえ)文(もん)」現代語訳(ごやく)

 
この世に人として身を受けることは、私の思いをはるかにこえたことであるにもかかわらず、私は今すでにここにこの身を受けておりました。 出遇(であ)い難(がた)い仏法(ぶっぽう)に、はからずも今、私は出遇うことができました。ここに生きている私が、今、救われなければ、いったいいつになったら救われるというのでありましょうか。だからこそ、今、あらゆる人々と共に私の全てを尽(つ)くして、心から仏(ぶっ)・法(ぽう)・僧(そう)の三宝を尊(とうと)び、それを依(よ)りどころとして生きていきたいと願わずにはいられません。

 ・私は、仏(ぶつ)(ブッダ)を尊び、それを依(よ)りどころとして生きていきます。
それは、あらゆる人々と共に、真実の法を明らかにされた正しい仏の道をこの身にうなずき、人間を成就(じょうじゅ)する大いなる心がおこることを願うからにほかなりません。
 ・私は、法(ほう)(ダルマ)に目覚(めざ)めて、それを依りどころとして生きていきます。 それは、あらゆる人々と共に、真実の教えを深く求め、あたかも海のように深く限りない智慧(ちえ)をいたたせくことを願うからにほかなりません。
 ・私は、僧(そう)(サンガ)を敬(うやま)い、それを依りどころとして生きていきます。 それは、あらゆる人々と共に、仏法によって生きる平等で自由な集(つど)い(世界)が開かれることを願うからにほかなりません。

 この上もなく奥深く尊い真実の法は、どれだけ長い時間をかけても出遇うことは大変むずかしいものです。そうであるのに、私は今、その真実の法に出遇うことができ、その真実の法を依りどころとして生きる身となることができました。ここに、聞法(もんぽう)の生活を通して、本当にの身に生きてはたらく阿弥陀如来の真実を、私のいのちの中に明らかにしていきたいと願っています。
              (真宗大谷派宗務所『真宗門徒の生活』より)


Copyright (C) 2010 真宗大谷派圓勝寺(東本願寺末寺) No reproduction or republication without written permission.
記事・写真の無断転載を禁じます。