◎自然農畑の取り組み方
   
   @、畝をつくらず平地の状態で栽培する。
  
   A、当面は稲ワラ堆肥、刈草など投入する。

   B、3年目までは状態により菜種粕、米ぬか、ボカシなど施用する。

   C、畝間に生える草は刈り取り、そのまま畝間に堆積する。

   D、休耕スペースには、緑肥として牧草種子をまく。
自然農・実地栽培記録
自然農とは、川口由一氏が実際に取り組まれている、栽培の考え方と手法のことで、その基本は『耕さず、草や虫を敵とせず、無農薬・無化学肥料による栽培』であります。

 抜粋
『自然農をはじめて3年すれば、田畑の自然の営みが目で見られるようになり、
5年もすれば地表も地中も、すばらしい自然の営みをするようになり、10年もすれば、実に妙なる営みとなります。』
                     川口由一著 「妙なる畑に立ちて」より

  このページでは、小面積ながら取り組んでいる、自然農による栽培の
  実際を紹介します。
黒大豆
サツマイモ
赤シソ
◎作物別栽培の実際〔リンク〕
     
ボタンをクリックしてください