2 Divide Frame Burr 555

考案:お茶のり



上記の5×5×5の範囲内に、以下の 6駒が納まるように組む。



フレームA

30

フレームB

30






A

11
B

12
C

13
D

13



<Goal>