Call Box

考案:お茶のり




上記の5×5×6の枠内に、以下の 4駒が収まるように組む。