お手軽なす料理

ナスの皮の色素に含まれる「ナスニン」という物質は、体に有害な活性酸素を抑える作用があり、動脈硬化など生活習慣病を防ぐ働きがあります。
色々な調理法がありますが、皮も大切に食べたいですね。

ナスは夏野菜です。ナスの保存は冷蔵庫は避け、風に当てないようにポリやビニル袋に入れて保存しましょう。

揚げる 揚げナスの甘酢かけ ナスと胡瓜とトマトのサラダ 揚げびたし
ナスカレー丼 ナスのカレー煮 チーズサンドフライ
酢味噌カツ ハムサンド天ぷら 揚げナス
変わり天ぷら 海苔巻き そぼろあんかけ
ナスシュウマイ
炒める ナスとゴーヤ炒め ピリナス マーボナス
コチュジャン炒め 味噌炒め 肉みそ炒め
フライパンで シーチキンのせ ねぎ シーチキンのせ 青ジソ ナス餃子
ウナギあんかけ フライパン焼き チーズ焼き
Sachi流味噌炒め
フライパン+
オーブントースター
ナスドリア
蒸す 蒸しナスと寒天のドレッシング和え 蒸しナスのミンチ味噌 鰹たっぷり卵とじ
焼く 冷製丸焼きナス
塩もみ ナスと胡瓜のオリーブオイル和え もみナス ゴーヤとナス
漬物 一夜漬け 即席からし漬け
煮る おかか煮 ナ、スランス Sachi流煮びたし
電子レンジで 電子レンジでナス

関連サイト:JAにしみの海津ナス部会のホームページ おしゃれナス料理のレシピはこちらから

 肉みそ炒め
  材料:なす100g 豚ミンチ100g ごま油大2、調味液(味噌大1、酒、しょうゆ、砂糖各大2分の1、水大3)、小口ねぎ、胡麻
  作り方:なすは乱切りにし、ごま油で炒め、豚ミンチを加え両方に火が通るまで更に炒める。火が通ったら調味液を入れ加熱しながらからめる。火を止め器に盛り小口ねぎと、胡麻をふりかけ、完成。短時間でできる美味しいご飯によく合うおかずです。


 Sachi流煮びたし
  材料:ナス大4本、めんつゆ50〜60cc、水200cc、豚細切れ肉200グラム、生姜1.5片、酒大2、みりん大2
  作り方:ナスは縦に半分に切って皮の方に斜めに切込みを入れておきます。生姜は、千切りにしておきます。鍋に水とめんつゆを入れ火にかけます。、沸騰したらナスを入れ、数分煮たら肉、酒、みりん、分量の半分の生姜を加え更に煮ます。ナスが柔らかくなったら、火を止める直前に残りの生姜をいれ出来上がりです。暑い夏には、汁ごと冷まして頂きます。簡単で美味しいナス料理です。

 味噌炒め
 材料:ナス700グラム程度、ブロッコリー200グラム、炒め油大3、たれ(赤味噌大4、みりん大3、砂糖大4、酒大1、生姜みじん切小2、ネギみじん切小2)
 作り方:たれを材料を全部混ぜて作って置きます。ナスは、一口大の乱切りにし、ブロッコリーもナスの大きさに合わせて小房に切り、炒め油でしんなりするまで炒め、最後にたれを絡めて蓋をして少し蒸し煮をして出来上がりです。


 ナ、スランス(ラ、フランスに似たデザート)
 材料:ナス450グラム レモン果汁70CC 水70CC 砂糖150グラム 
 作り方:ナスの皮をきれいにむいて縦半分に切ります。分量の調味料全部を鍋に入れて中〜弱火で柔らかくなるまで煮たら出来上がり。途中、ナスに煮汁が付くようにナスを2、3回かえします。むいた皮は千切りにしてきんぴらを作ります。こちらはシコシコした歯ざわりで、ご飯のおかずになります。

 Sachi流味噌炒め
 材料:ナス550グラム、青ジソ10枚、サラダ油大3、ミックス味噌(あわせ味噌)大2、味醂大2、酒大1、砂糖小2
 作り方:分量の味噌、味醂、酒、砂糖を混ぜます。ナスのヘタを取って、大体鉛筆の太さで5センチ位の長さに切ります。青ジソを粗みじんに切ります。フライパンを熱っし、サラダ油をひいてナスを炒め、ナスに火が通ったら、混ぜ合わせた味噌を絡ませ、青ジソを混ぜたら出来上がりです。青ジソの風味がさわやかな簡単で美味しいおかずです。

 ナスシュウマイ
 材料:ナス70グラム、豚挽き肉250グラム、シュウマイの皮市販のもの1袋
 作り方:ナスをみじんに切って、挽肉と混ぜ、皮に包んで蒸します。からし醤油を付けて頂きます。

 鰹たっぷり卵とじ
 材料:ナス350g、花鰹15g、卵2Lサイズ2個、ネギ適量、砂糖大2、醤油大3
 作り方:蒸しナスを用意します。レンジで蒸しても良いです。食べ易い大きさに切って、鍋底に並べます。花鰹をナスの上に全面に散らし、砂糖醤油混ぜたものを花鰹の上から、出来るだけ満面にかけ、溶き卵をやはり満面にかけ、刻みネギを散りばめ中火にかけます。卵が固まったら出来上がりです。

 コチュジャン炒め
 材料:ナス、ピーマン、ごま油、コチュジャン、砂糖
 作り方:ナスは縦に8等分、長さは半分くらいで食べ易い大きさに切り、ピーマンは、種を出して縦に4〜6等分して、両方をごま油でよく炒めます。火が通ったらコチュジャンと砂糖を同量の割合で入れ、交ぜ絡めたらできあがりです。ピリィとした風味が食欲をかきたてる一品で、そうめんなどにも良くあいます。

 ナスのチーズ焼き
 材料:ナス、バター、小麦粉、卵、粉チーズ、ケチャップ、ソース
 作り方:ナスを輪切りにし、両面に小麦粉、溶き卵、粉チーズの順で付け、フライパンでバターをひいて両面焼き出来上がり。ケチャップとソースを同量混ぜ合わせたものを付けて頂きます。簡単調理で、表面カリッと、中は柔らか、子どもたちにも好評です。

 そぼろあんかけ
 材料:ナス6個、にんにく1かけ、しょうが にんにくと同量程度、赤唐辛子1本、ねぎ1本、豚ミンチ100グラム、合わせ調味料(醤油大2、砂糖、酒、味噌各大1)水溶き片栗(片栗粉大1水大2)、揚げ油
 作り方:ナスは一口大に切って、揚げます。にんにく、しょうが、種を除いた赤唐辛子、ねぎをそれぞれみじん切りにします。豚ミンチとネギ以外のものを炒め合わせ調味料を入れ煮ます。そこに揚げたナスを入れ、ネギを入れ煮て、水溶き片栗を入れとろみがついたら出来上がり。

 海苔巻き
 材料:ナス、海苔、揚げ油、醤油、わさび、マヨネーズ
 作り方:なすは、縦に4等分し、揚げます。油を切り冷まし、全型の海苔を4等分したもので巻き、食べ易い大きさに切って盛り、わさび醤油か、マヨネーズ醤油を付けいただきます。

 シーチキンのせ ねぎバージョン
 材料:ナス、シーチキン缶、ねぎ、醤油、マヨネーズ、練りからし、油
 作り方:ナスは、2センチくらいの輪切りを、フライパンに油をひいて両面を焼きます。缶の中の油を切ったシーチキンと、みじん切りのねぎ、マヨネーズ、練りからし、醤油を混ぜ合わせ、ナスにのせていただきます。

 シーチキンのせ、青ジソバージョン
 材料:ナス、シーチキン缶、青ジソ、油、醤油
 作り方:なすは、1センチ強の厚さの輪切りをフライパンで油をひいて両面を焼きます。缶の中の油を切ったシーチキンと青ジソを乗せ、お好みで醤油を少したらして頂きます。

 ナスとキュウリのオリーブオイル和え (2005年7月3日岐阜ラジオで紹介しました)
 材料:ナス150グラム程度(大きいものなら1本小さいものなら2本)、きゅうり100グラム(小さめのもの1本)、青ジソ3枚、オリーブオイル小1、水100cc、塩小1、酢大1、コショウ適量
 作り方:分量の水、塩、酢をボールに入れ混ぜておきます。ナスは、ヘタをとり縦半分に切り、さらに縦に薄くスライスし、ボールに入れます。キュウリは、斜めにスライスし、ナスと共にボールの水の中でしんなりするまで2.30回もみ、最後は絞って、器に入れます。青ジソを千切りにし、オリーブオイル、コショウと共に、しんなりしたナス、キュウリと混ぜ和え出来上がり。暑い夏、火を使わないでできる美味しい一品です。

 蒸しナスと寒天のドレッシング和え
 今話題の寒天を使った簡単な一品です。糸寒天レシピを参考にしました。
 材料:ナス4本、胡麻ドレッシング100cc程度(市販の好みのドレッシングでよい)、糸寒天10グラム
 作り方:糸寒天を水につけもどします(15〜20分)。その間に、ナスはヘタをとり、蒸し器で柔らかくなるまで蒸します(10分程度)。出来たナスを食べやすい大きさに切り分け、もどした糸寒天の水を切り4センチの長さに切り、ドレッシングで和え出来上がり。冷やして頂いても美味しいです。蒸し器を使わない場合は、皮をむいて電子レンジで5分ほど加熱します。

   ナスドリア(2005年7月3日岐阜ラジオで紹介しました)

 ミートソース缶を使って手軽で美味しいドリアを作ります。
 材料:4人分:
 ご飯茶碗4杯、ナス4〜6本、ミートソース缶1(約300グラム)、とろけるチーズ100グラム、スライス玉葱2分の一個
 作り方:ナスを輪切りにして、フライパンで油を引いて両面焼きます。耐熱容器にバターを薄く塗り、ご飯、焼いたナス、ミートソース、ご飯、焼いたナス、ミートソース、スライス玉葱、とろけるチーズの順に敷き詰めオーブントースターで7分程焼き出来上がり。

 ナス餃子 
 みじん切りのナス、ハム、チーズにケチャップを少し加え混ぜた種を餃子の皮に包んで、フライパンで餃子を焼くように焼きます。
 材料:ナス50グラムに対しケチャップ大2.ナス:ハム:とろけるチーズ=2:1:1のかさで

  電子レンジでナス
 後一品箸休め料理が欲しい時、ご飯をよそう間にできます。皮付きでも皮なしでも、半分に縦割りにして、ラップをかけ、ナス2個で2分程度、電子レンジによって時間は変わりますが、ナスがしんなりして皿に水が少し溜まるのを目安にします。一口大に切り分け、しょうが醤油、酢味噌、甘味噌、胡麻ドレッシングなど、好みのたれでいただきます。

 揚げナスの甘酢かけ
 乱切りナスを揚げ、大根おろし、小口切りのねぎをのせ、甘酢をかけていただきます。
 材料:4人分程度 ナス400グラム、大根180グラム、ねぎ少量、揚げ油、甘酢(酢大3、砂糖大4、醤油大1)

 ゴーヤとナス炒めバージョン
 ゴーヤは、種とワタを除いて薄く切り、油で手早く炒めます。細切れの豚肉と短冊切りのナスを炒め、先に炒めておいたゴーヤを加え、たまごを入れて炒めて出来上がり。味は塩コショウでつけます。
 材料:ゴーヤ1本、ナス2本、豚肉200グラム、たまご2個、塩、コショウ、炒め油

 ゴーヤとナス生バージョン
 ゴーヤは、種とワタを除いて薄く切り、醤油、胡麻油、削り節を混ぜ、冷蔵庫で一晩くらい置きます。ナスは塩もみをして水を切り、一晩置いたゴーヤと混ぜ頂きます。ナスの塩もみの作り方は、このページのもみナスの作り方を参考にしてください。
 材料:ゴーヤ1本、ナス2本、醤油大1〜2、胡麻油大2、削り節パック小袋1〜2袋
     醤油の量は、味をみながらお好みに加減してください。

 なすと胡瓜とトマトのサラダ
 胡瓜は、全体に浅く細かく切り込みを入れ、一口大に切って、塩をまぶして10分置き、その後塩を洗って水気を切っておきます。2センチの輪切りにしたナスを揚げ、トマトは食べやすい大きさに切ります。揚げナス、トマト、胡瓜を盛り付けごまドレッシングをかけて頂きます。
 ドレッシングは必ずしも胡麻ドレッシングでなくてもよいです。酢と醤油、サラダ油、砂糖などをブレンドして作ってもよいです。(例)酢:醤油:サラダ油:砂糖=3:2:1:1。お好みの味付けでどうぞ。

 揚げびたし
 ナスのがくを取り、ナス全体に縦に切り込みを入れ、揚げます。揚げたナスを漬け汁に入れて冷やし、食べる前に漬け汁からあげ、皿に盛り付けます。お好みで大根おろしを添えても美味しいです。ナスは、小さいものを使うと見た目も良く食べやすいです。
 漬け汁の作り方
 だし汁1カップ、しょうゆ50cc、みりん50ccを沸騰させる。

 ナスカレー丼
 ナスのカレー煮をご飯にかけていただきます。カレーライスほど辛くないので、かける量は好みで加減します。ナスのカレー煮は、すぐ下の写真とレシピを参考にしてください。

ナスのカレー煮
 乱切りにしたナスを油で揚げ、水、豚ミンチ、カレールーと一緒に煮て出来上がりです
 材料:ナス800グラム程度、豚ミンチ200グラム、水400cc、カレールー40〜50グラム
 ナスの苦手なお子様にいかがでしょう。

 ピリナス
 乱切りにしたナスを、多目の油でよく炒め、最後に醤油、みりん、唐辛子をなじませて、出来上がり。なすの持つ甘みがよく味わえる美味しい簡単な料理です。
 材料:ナス800グラム程度、油大5、醤油大2、みりん大3、鷹のつめ1本

チーズサンドフライ
 ナスを、3〜5ミリの厚さに切り、厚さ3ミリのプロセスチーズを挟んで海苔で巻き、フライにします。
 材料:4人分でナス6個程度、プロセスチーズ12切れ、海苔全形1.5枚程度、小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油
 お好みで、醤油か、わさび醤油をつけても、美味しいです。

酢味噌カツ
 材料:なす、卵、小麦粉、パン粉、揚げ油、味噌、酢、砂糖
 作り方:なすを縦半分に切り、切り口だけに小麦粉、溶き卵、パン粉をつけ、揚げます。味噌:酢:砂糖を1:1:2の割で混ぜ合わせた酢味噌をつけて頂きます。

 ウナギあんかけ(2003年8月、広報誌「にしみの」に掲載されました)
 材料:ナス10本、素焼きのウナギ300グラム、醤油50cc、酒50cc、ザラメ大さじ3、水100cc、水溶きかたくり(水130cc、片栗粉小さじ4)、青しそ15枚。
 作り方:ウナギを粗みじん切りにして、醤油、酒、ザラメ、水を入れ、3分程混ぜながら煮ます。次に水溶き片栗を入れとろみをつけウナギあんを作ります。ナスを1センチくらいの厚さの輪切りにし、フライパンで油をひいて両面をこんがりと焼きます。千切りの青しその上に焼いたナスをのせ、、ウナギあんをかけ出来上がりです。意外に美味しい簡単スタミナ料理です。

 冷製丸焼きナス(2003年7月28日、東海テレビで紹介しました)
材料:ナス2本、酢、醤油
   ナスをへたをつけたままで、直火で焼きます。ガスコンロのうえに網を置き、ナスを回転させながら皮をまんべんなく焦がします。箸でナスをおさえ弾力を感じたら焼き上がりです、ナスを水にとって冷ましまな板の上で皮を取り除きます。よく焼くと皮がむき易いです。あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる前に酢醤油をかけいただきます。さっぱりとした食感が暑い夏には特にご馳走です。

ナスの一夜漬け(2003年7月28日)東海テレビで紹介しました)
材料:
 ナス300グラム、ナス漬けの素、小袋1袋30グラム、水300cc
  ナスを縦2つ割りか4つ割りにし、ポリ袋へナス漬けの素と一緒に入れ、袋ごともむように良くすりこみます。そこに水300CCを入れ、空気を抜き袋の口を輪ゴムで止めます。なすが水から出ないようにするのがコツです。冷蔵庫で半日〜一日で美味しく出来ます。
   ナス漬けの素はJACOOPで売られています。

 ハムサンド天ぷら
   材料:ナス2個、スライスハム数枚
ナスは1.5セチンの輪切りにし、ハムをはさめるように切り込みを入れ、ハムをはさんで天ぷらにします。
ナスは輪切りにすると繊維が苦にならず噛み切れ、食べやすいです。

 揚げナス
  材料:ナス、味噌、砂糖、酢、揚げ油
ナスを縦半分に切り、皮にさいの目の切込みを入れ、揚げます。味噌:砂糖:酢を1:2:1のかさの割合でねった酢味噌をかけて出来上がりです。お好みで、酢味噌にすり胡麻をのせても良いでしょう。

 変わりてんぷら
 材料:ナス1個、焼肉のたれ大さじ2ほど、てんぷらの衣(小麦粉、卵、水)
ナスを1センチほどの輪切りにして、焼肉のたれに10分ほど漬けます。漬け汁を軽くふいててんぷら衣を付け、揚げます。天つゆなしで美味しく食べられます。

 もみナス
 材料:ナス3こ、塩大さじ1、花かつおMサイズの卵くらいのかさ、、
     おろししょうが小さじ1、
     醤油小さじ1、水
 ナスを縦に半分に切り、切り口を伏せた状態にして、縦長になるように1〜2ミリの厚みにスライスします(なすの縦長に存在する繊維をそのまま残すように切る)。スライスしたナスに10分ほど分量の塩をまぶしておきます。ナスがしんなりしたら、水でさらして塩けを取り、すぐに絞ります。絞ったナスに花かつお、おろししょうが、醤油をまぶし、味を調え出来上がりです。さっぱりとした、酒の肴にもなる一品です。


 ナスの即席からし漬け
   材料:ナス1個、塩適宜、溶きからし小さじ1、醤油大さじ1.5、砂糖小さじ2
 ナスのへたを取って縦半分に切り、薄い塩水(水1カップに塩小さじ1)に約30分漬け、陰干しにします。一日くらいしてなすがしんなりしたら、水でサッと洗って小口切りにし、水気をふきとっておきます。溶きからし、醤油、砂糖を混ぜあわせナスを漬け込みます。2〜3時間で食べられます。粕を使わなくてもからし漬けが味わえます。美味しいです。


 マーボーナス
  ナス、ピーマン、人参、ひき肉をごま油で炒め、火が通ったら砂糖、味噌、唐辛子、水などを加え、全体になじませて味をととのえ出来上がり。市販のマーボーナスの素を使うとよりお手軽です、その場合はひき肉は素に入っているので用意しなくても良いです

 ナスのおかか煮
 3センチ位の輪切りにしたナスをだし汁、砂糖、醤油で煮、火が通ったら、花かつおをたっぷり入れて全体になじませ出来上がり。冷めても美味しいのでお弁当にも使えます。

 フライパン焼き (2005年7月3日岐阜ラジオで紹介しました)
 1cm程の輪切りにしたナスを、フライパンに油をひいて両面を焼き火が通ったら出来上がり。お好みのたれをつけて食べます。しょうが醤油、ソース、醤油など

 蒸しナスのミンチ味噌
 縦半分に切ったナスを蒸し、ミンチ味噌をのせて食べます。
 ミンチ味噌の作り方:ミンチ、味噌、砂糖、水を7:2:2:3の割合で混ぜ煮ます。
 子どもにも大人気です。 
 蒸しナスはしょうが醤油で食べてもさっぱりしていて良いです。

料理について、お便りを沢山いただきありがとうございました。味噌汁の具やスパゲティ、カレー、野菜炒めにも入れるとのご意見でした。カレーに使う時は乱切りにしたナスをバターで炒めてから煮ると、コクが出て、大変美味しくなります。

トップページへ戻る

次ページへ