シンボルマーク
「ひと」と「動物」の絆を強くする

家族と共に、野村動物病院。

HOME | 病院設備 | 設備の詳細

ABOUT US

野村動物病院へようこそ

地域に根ざした「かかりつけ医」を目指しています。田舎の小さな動物病院ならではの、気配りのきいた診察を心がけています。最先端の治療は無理かもしれませんが、なるべく新しい知識と新しい機器を使用し、今できることを相談しながら行っています。

 

 

待合室、診察室


p4110202.jpg待合室 p3101007.jpg診察室のパンフレット p1030838.jpg薬品棚 p4160218.jpg病院の全面像 consult01.jpg診察室1(主にワンチャンの診察に使用) consult07.jpg診察室2(主に猫ちゃんに使用します) img20190425223025631877.jpg診察中に血圧測定をお願いすることがあります。ぜひご協力お願いします。心臓病だけでなく、腎臓病の治療にも使用します。

処置室、手術室


p6281143.jpg処置室と入院室 p6281148.jpg入院室(犬舎) icu02.jpgICU p4110200.jpg手術室

検査、治療機器


p4110199.jpg2018年末より、血液検査器を1台増設しました。 procyte.jpg血球検査器:赤血球の分類と白血球の分類を約2分で行います。 catalyst.jpg血清、UPC検査器:カタリスト、カタリストONEの2台となり充実した検査体制となります。 snapshot.jpg甲状腺ホルモン、コルチゾール検査器 p3220543.jpg血液凝固検査器 echo2.jpg超音波診断装置:2017年秋より新規導入 img20170423175156222596.jpg心電図:通常の心電図の他にホルター心電図の解析も行えます。 img20181112230654316798.jpg心音検査装置:心電図とともに検査を行います。 p6281147.jpg左から、動物用内視鏡(オリンパス社)、麻酔モニター(処置室用)、3way歯科処置エンジン p1110787.jpg3way歯科処置エンジン:超音波スケーラーのほか、高速ドリル等も使用可能。 p3220532.jpg歯科用デジタルレントゲン:歯周病診断、抜歯術には必須装置 dsc04064.jpgレーザー:疼痛や光線温熱療法に使用します。 img20190425223025631877.jpg血圧計:2019年より導入。血圧測定は最近見直されてきています。

DOCTOR & STAFF

 

 
院長 松岡

松岡 誠司

院長
平成 8年 麻布大学獣医学部卒業
犬山動物病院研修医、野村動物病院勤務医を経て現在に至る。
専門分野はありませんが、椎間板ヘルニアの手術、会陰ヘルニアの手術、歯科治療などその時必要な治療方法を勉強してきました。まだまだ未熟ですが、病気の治療/ケアを一緒に行っていこうと思います。

 
スタッフアイコン

スタッフ 3名

3人のスタッフで病院の受付、診察、手術、入院などを分担しながら取り組んでいます。また、それぞれの意見を出しながらよりよくできるように話し合っています。 また、休診日や空いた時間などを利用してスタッフセミナーや院内セミナーを開いて日々勉強しています。まだまだ至らないところはあると思いますが、分からないことがあれば、お気軽にお尋ねください。

診察時間のご案内

診察時間
8:30〜12:00
17:00〜19:30

当院は、予約診療ではありません。受付順に診察していますが容態の急変によっては順番が前後します。ご容赦ください。
お支払いは、クレジットカード払いにも対応しています。受付または会計時にご相談ください(ただし狂犬病接種の注射代は、クレジット払いができません)。

 
アイペットペット保険対応動物病院 
アニコムバナー
 
対応カード会社

 

休診日:
木曜日午後
日曜日午後
祝日
診察時間:
08:30~12:00
17:00~19:30