天台宗

朝倉山真禅院 公式サイト

〒503-2124
岐阜県不破郡垂井町宮代2006
0584-22-2212

トップページ
 
真禅院_略縁起
観音堂・十一面観音
諸堂案内
明治時代の境内図
本地堂
三重塔
観音堂
梵鐘
鉄塔
護摩堂
行事・祈祷・供養等
四季の風景等
瓦の寄進のお願い
忘己利他
美濃五山
美濃七福神霊場
交通アクセス
リンク

真禅院諸堂案内

 
 Googleストリートビューの使い方はこちらへ

諸堂案内

本 地 堂
(ほんじどう)

国重要文化財
本 尊  阿弥陀如来
    (戌イヌ・亥イノシシ 年生まれの守り本尊)
真 言  オン アミリタ テイゼイカラ ウン
縁 日  毎月一日・十五日

寛永十九年九月十一日(一六四二年)再建
本州阿弥陀如来四十八願霊刹大三十四番札所
三 重 塔

国重要文化財
本 尊  大日如来(金剛界)
    (未ヒツジ・申サル 年生まれの守り本尊)
真 言  オン バサラダト バン
縁 日  毎月一日・八日

寛永二十年七月(一六四三年)再建
観 音 堂

町文化財
本 尊  十一面観世音菩薩
真 言  オン ロケイジバラ キリク
縁 日  毎月一日・十八日

(子ネズミ・丑ウシ・寅トラ・卯ウサギ・辰タツ・巳ミ・午ウマ年生まれの守り本尊を安置)

旧宝珠院観音堂(高山観音)神護二年七月(七六六年)草創
梵   鐘

国重要文化財
奈良時代
美濃国最古の鐘

文化庁の指導により通常は撞くことが出来ませんが、除夜の鐘のみ参拝の方に撞いていただいております
鐘   楼

県重要文化財
寛永十九年九月十一日再建
鉄   塔

県重要文化財
北条政子が源頼朝の菩提を弔うために寄進
現存は全国に僅か三塔のみ
関ヶ原合戦時に破損し初層と二層部分のみ現存
護 摩 堂 本 尊  不動明王
     (酉トリ 年生まれの守り本尊)
真 言 ナマク サマンダ バサラナン センダ
    マカロシャナ ソワタヤ ウンタラタ
    カンマン
縁 日  毎月二十八日
手前から
   最勝寺観音堂
   釈迦堂
   薬師堂
空也上人和歌碑 空也上人和歌
 「唱ふ連(れ)は 佛も我もなかりけれ
      南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」
              (旧念仏堂歌碑)
縁結びの木 観音堂で販売しております「縁結びお守り」に
「ご縁がありますように」とに願いを込めて、
5円硬貨の穴にお守りをとおして奉納します。
賓頭盧尊者
(びんずるそんじゃ)
(撫仏なでぼとけ)
お釈迦様の弟子で十六羅漢の第一。
神通力が強く、お釈迦様が入滅後も衆生の救済にあたった。
日本ではお堂の前に置き、自分の患部に当たる所をなでた手で
自分の患部をなでれば除病の功徳があるという信仰があります。
当寺院では、観音堂の前においでになり信者の皆様になでられてピカピカです。
←表参道

脇参道→

 御手洗(みたらし)
 仏様を拝む前に、手を洗い口を漱ぎ不浄を除き
 身も心も洗い清めましょう


明治時代の境内図
クリックしてください!
新しい画面がポップアップします。

  当寺院の紹介VTR
   ドローンによる当寺院境内等の空撮映像有り


撮影:中日新聞 垂井南部専売店 小川新聞 店主 小川一仁様

ページトップへ