乗鞍岳・位ヶ原


2007年3月24日 土曜日 (曇り) 単独、山スキー


7:50 国民休暇村

:35 ゲレンデ最上部

9:50 位ヶ原

10:45〜11:05 肩ノ小屋

11:15 位ヶ原

11:45 国民休暇村


正面に乗鞍岳をみてゲレンデをシール歩行
位ヶ原手前の広々とした急斜面を直登
位ヶ原から剣ヶ峰を見る。ブリザードがすごかった。
位ヶ原から富士見岳を望む。楽しそうな斜面だがこの風では…
「前川国有林」の看板。どこに「林」が…
風雪の中の肩ノ小屋。強風が吹き抜けていく。
乗鞍高原に着くほんの手前で緑水さんにメールを入れた。緑水さんは前日、乗鞍高原の国民休暇村から位ヶ原に登っているはずだ。そのまま泊まっていると思うのだが…。

果たして緑水さんは国民休暇村に車を停め泊まっていた。美女を同伴して…。朝食を一緒にというお誘いをうけお言葉に甘える。アスファルトの上にできた最高の座敷で煮込みうどんをいただく。これがとびきり美味しい。朝から焼酎も…。僕の認識ではこれはもう昼モード。このまま宴会に突入でもいいなあ。

しかし、緑水さんに尻を叩かれて出発。緑水さん達は昨日の疲れもあるからゲレンデで遊んでいるということだった。昼も一緒に摂ろうと約束して国民休暇村から上部に続くゲレンデをシール歩行。

ゲレンデの向こうには乗鞍山頂がみえる。あそこを目指して歩いていけばいいのだ。ゲレンデの斜面はそれほど急でもなく歩きやすい。ほどなく三本滝のゲレンデに到着。昨年4月末に来たときにはここまで車で来れたが今日は国民休暇村までしか除雪されてなかった。

三本滝ゲレンデは急斜面を登るのを避けてリフトを利用。現金で300円払って乗せてもらったと緑水さんに聞いていたのでそれでは自分も、と真似た。

リフトを降りて奥に向かうとすぐにちょっとやっかいな斜面が現れる。緑水さんはこれにちょっと手こずったと言っていた。練習だと思ってできるだけ直登をこころがけたが流石に最後は斜登高して切り抜けた。ここを越えると後は比較的なだらかで広い切り開きが針葉樹林の中に続く。スキーツアー用に整備されたものらしい。昨日のものだろう、滑降の跡がかなり残っている。

ちょっと進むと風が出てきた。昨日は天気は良かったものの下部から結構風があり上部はかなり強かったと言っていたが今日もどうやら風はあるようだ。

広い急斜面を直登で登り切って位ヶ原に出ると風はかなり強いものとなり雪煙が雪原を走っていた。先に進むべきかちょっと躊躇したが緑水さんと美女の顔が浮かんで行けると言っている。そうかなあ、と思いながら進むことにした。

吹く風の強さは一定ではない。かなり強くて立ち止まらざるを得ないときもあれば無風に近くなるときもある。その風の強弱をみながら進んでいく。雪煙は立つものの視界はあるので助かる。去年は強風の上に視界がなく位ヶ原上部で引き返した。今回はどうにか肩ノ小屋までは辿り着きたい。緑水さん達がそこまで行ってきたらしいのを聞いているから尚更だ。

強風の位ヶ原からは左手に剣ヶ峰、高天ヶ原、右手に富士見岳、摩利支天岳が見える。富士見岳と摩利支天岳の間にある斜面が滑りやすそうだがこの強風の中では無理そうだ。

位ヶ原を抜け肩ノ小屋までの最後の斜面に取り付く。強風は更に強くなり雪煙が顔に当たると痛い。時折、押し戻されそうなほどの風が吹き立ち止まり吹き去るのを待つ。実際2回ほど押し戻され一回はバランスを失って倒れた。これが稜線上だったら滑落だろう。もっともこんな強風の中稜線上にあがる勇気はないけど…。

強風に向かって進むが思うように進んでいかない。近くに見えた肩ノ小屋はなかなか近づいてこない。気持ちが風に負けそうになるがここまで来たらとにかく小屋に辿り着くしかない。この風の中ではスキーのシールを剥がすことはおろかスキーを脱ぐことさえままならない。

呼吸をするのも苦しい中でやっと小屋に着く。当然誰もいない。どこで風が避けられるのか分からないので手近にあった倉庫らしい扉の前の空間に身を潜めてみた。これでかなり風が避けられた。そこから落ち着いて様子を見ると空は曇ってきており風に運ばれた雪煙は時折視界を消している。これは長居は無用。行動食を採ってすぐさまシールを剥がし滑降の用意をして一歩前に出てみる。たちまち強風が襲ってきてバランスを失いそうになるがなんとかスキーを履き滑降に移る。

最初は雪面状態が分からないので慎重にターンを切る。数ターンする内に問題なく滑っていけることが分かり徐々にスピードに乗っていく。追い風なので思ったほど風は気にならない。なかなか楽しく滑っていける。ただ、登りの疲れが太股に来ていて位ヶ原手前でつりそうになり斜面でしばらく休憩。その間に位ヶ原からスキーヤー、ボーダーが次々と登ってくる。しかし、もうホワイトアウトしそうだ。それでも足を止める方はいない。すごいなあ。

足がなんとか大丈夫そうなので位ヶ原に降りていく。位ヶ原は所々凍っており滑りにくい。場所的には良いところなのだが…。振り向くと山頂方向は完全にホワイトアウト。何も見えない。早めに降りてきて良かった。

位ヶ原から下は滑降跡や登山トレースで雪面が荒れているものの適度に雪が緩んでいて順調に滑り降りていけた。その間にも新たに登ってくる人に何人か出会った。その度に挨拶を交わす。

ゲレンデに出てからは雪質がザラメになり適当に滑ってアッという間に休暇村の出発点に着く。緑水さん達はまだゲレンデで遊んでいるようだ。道具を片づけて緑水さん達の帰りを待つ。やがて二人が戻ってきてそれから宴会。最高の一日となった。