御嶽山


2007年4月7日 土曜日 (晴れ後曇り時々雪) SHIGEKIさん、Tsutomu 山スキー


9:40 御嶽ロープウェイ終点

10
:45 夏道尾根合流点

11:45 覚明堂

12:25〜13:00 剣ヶ峰手前の座地蔵

13:30〜14:20 夏道尾根で休憩

15:05 ロープウェイ終点


スキーヤー、ボーダーで賑わう御嶽ロープウェイスキー場
広くてなだらかな尾根の樹林帯を行く
樹林帯を抜けると意外と近くに山頂部が見える
広い急斜面を登っていく。多くのスキーヤーで賑わっていた。
覚明堂。ここから滑降する人も結構いたようだ。
山頂部で記念撮影。剣ヶ峰には立たなかったが十分満足。
広い急斜面を滑る。
まだまだ滑る。この先にもまだ良い斜面が続く。
のっけから失敗してしまった。ちょっと考え事をしていたら中央道中津川ICの出口を乗りすぎてしまった。仕方がなく園原でUターン。 ETCの深夜割引を利用しようとわざわざ4時前に高速に乗ったのにこれではなんのために早出をしたのやら。

気を取り直して中津川からR19、満開の桜に彩られた木曽路を進む。やがて木曽川を王滝の方へ渡って広い林道を登っていくとSHIGEKIさんと待ち合わせを約束した御嶽スキー場の駐車場に着く。

朝陽に照らされた御嶽山が美しい。地形図を取り出して本日のルートを目の前の様子と比べて確認。どうやら予定しているルートの雪が少ないようで茶色い面が思ったより多い。どうしよう。登っても雪が少なくて楽しめなければわざわざここまで来た甲斐がない。右隣の尾根を見るとそちらは豊かに雪がついており良さそうな感じだ。そこは御嶽ロープウェイの上に続く尾根だ。あちらにルート変更した方がいいかも。SHIGEKIさんに連絡してみよう。まだ王滝の手前ならロープウェイの方へ向かってもらおう。

まだ現地に到着してないことを祈ってSHIGEKIさんに電話。しかし、SHIGEKIさんは既に駐車場にいた。夕べから泊まっているということだ。SHIGEKIさんの車に向かってみると美女を同伴していた。車に乗り込んで相談。ロープウェイに転進することに決めてそれぞれ出発することにした。その時ついでに朝食におにぎりをごちそうになった。ごちそうさまでした。

早速、御嶽ロープウェイに向かう。SHIGEKIさん達より先について様子を確認しなければと思ったが途中道を間違えSHIGEKIさん達より遅れてしまった。

遠目に見た尾根の感じはやはりこちらからの方が良さそうだ。転進して正解だったかも。それぞれに準備をしてロープウェイ乗り場へと向かった。SHIGEKIさん同伴の美女はゲレンデでスキーをして帰りを待つとのことだった。

ロープウェイ乗り場は列ができて結構賑わっている。パッと見だが山スキーらしき方もちらほら見受けられる。一緒に乗車した方も山スキーの方でこのルートの情報を色々聞かせていただいた。山頂まで3時間ほどということだった。

ロープウェイ終点はスキーヤー、ボーダーで賑わっている。スキーを履いて右手に見える尾根の取り付きに入る。先を見ると樹林の中を歩いている人の姿がちらほらと見える。雪面はスキーで踏み固められまるでゲレンデのような感じだ。

しばらく緩やかで広い尾根の樹林帯が続く。乗鞍高原から位ヶ原までのように切り開きはないがそれでも歩きやすい。トレースもしっかりあるしルートを間違えるということもなさそうだ。

先行者と抜きつ抜かれつしながら樹林帯を進んでいく。樹林帯を抜けると平坦な尾根になりその先にやや急な斜面が続く。平坦な所にはテントが幾張りか張られていて登山の準備をしている。良いテントサイトのようだ。

ちょっと遅れがちなSHIGEKIさんは今年スキーを始めたという方と話しながら登ってきた。その方はスキーそのものを今年始めたばかりというのに白馬乗鞍に行って来たそうである。すごい!僕なんか山スキーを始めるまでに5年くらい悩んだのに…。

急斜面はできるだけ直登を心掛ける。右手を見ると乗鞍岳のたおやかな山塊が青空の下に裾を広げている。その向こうには穂高、槍の姿も。いい眺めだ。登っていく斜面は青空へと向かって続いているようだ。やがて斜度が緩くなってくると左手に夏道の尾根が見えるようになる。女人堂であろうか、小屋が建っている。

はいまつが少し頭を出した平坦な尾根の先には尾根に挟まれた広大な急斜面が続く。そこを登っていく人、人、人。途中、まるで福寿草の頃の藤原岳のような人出ですね、と話していたがその表現が大げさじゃない感じだ。

急斜面に取り付く。雪面はやや緩んだ感じでシールが良く利き快調に登っていく。上部に至りややへたり気味になってきて立ち止まることが多くなったがなんとか石室山荘下の急斜面取り付きまで辿り着く。ここでSHIGEKIさんを待ってしばらく休憩。空は先ほどまでとは違って雲が多くなってきている。

SHIGEKIさんは失礼な言い方かもしれないが思ったより早く登ってきた。今日のSHIGEKIさんの足下は今までのショートスキーではなく、昨年ネットオークションで1万円で手にした158センチの板にエボリューションという山スキー用ビンディングとシールを装備しての挑戦。それも昨日、お店に無理を言って急いでつけさせたのだという。だから一度も試さず本番なのだが快調のようだ。持たせてもらったがこれが羨ましくなるほど軽くて僕も次に購入するときには検討しようかと思う。

石室山荘までの急斜面もスキー歩行がうまくなる練習の積もりでできるだけ直登を心掛ける。左手の小尾根を山荘直下で乗り越して急斜面を更に登ると山荘を脇を越えて覚明堂の雪に埋もれた鳥居の前につく。大勢の人がここで休憩している。なかには既に滑り始める人もいて、みんなの注目の的に。

ここで急斜面は終わり。しかし、ここから雪面がクラストしている。

SHIGEKIさんを待って覚明堂の上の岩場を越えて剣ヶ峰の方へ向かう。ここまで思っていたよりも早く来ている。

剣ヶ峰へ続く斜面は完全に凍った雪面でその上にうっすらと雪が積もっている感じ。斜度はそれほどないがシールだけだと慎重に進まないと滑ってしまう。しかし、そう気付いた時には既にスキーを脱ぐこともままならぬ所におりとにかく斜度の緩くなるところまで慎重に進んだ。座地蔵があるところまで来ると斜度が平坦になりなんとかスキーを脱ぐことができた。ここから剣ヶ峰はまだ少し先である。しかし、既に山頂の一角にいるし天候も徐々に悪くなってガスも出てきている。そんな中をわざわざ剣ヶ峰まで行かなくてもということで意見はまとまり、ここから降りることにした。

シールを剥がして滑降。登るのに苦労したアイスバーンもエッジが程良く利いて気持ちよく滑り降りられる。SHIGEKIさんが慣れないビンディングの扱いに手間取っている内にカニ歩きで登り返す。シールよりカニ歩きの方が登りやすい。SHIGEKIさんが準備できたところでガスの晴れ間をうかがって再び滑り降りる。

覚明堂からの斜面はたくさんの人に滑られた後で雪質はザラメ状になりかなり荒れている。そんな中をこれまたガスが薄くなるのを待って滑る。SHIGEKIさんの新しい道具も順調のようで一級の腕前をいかんなく発揮していた。

取りあえず、登りの時に見つけた夏道尾根のベンチの所まで下って休憩。先ほどから雪がちらほら降ってきているがまあ休憩するには影響ないだろう。

今日はSHIGEKIさんは必要最低限の荷物できているということで自慢の鍋は無し。僕の方はアルミ鍋利用の鍋を用意してきている。いつもと逆のパターンで鍋をつつく。SHIGEKIさんはアルコールも控えめだ。

ゆっくり休憩を、と思ったがだんだん雪がひどくなり、うどんを食べた頃には寒さもひどくなってきた。真冬の様相だ。あわてて荷物を片づけて広い急斜面をお互いに写真を撮りながら降りてゆく。広々として斜度も調度いい感じで気持ちよく滑られる斜面だ。ただ若干雪質が悪くなっていたのが残念。

あっという間に広大な急斜面を滑り終えロープウェイに続く尾根に乗る。ここも前半の無木立の斜面が気持ちいい。樹林帯に入ってからも木々を避けながらの滑りが気持ちよくて一気にロープウェイ終点まで滑り降りた。

後はザラメ状で重い雪のゲレンデを滑り降りていく。本日で一番疲れたのはこのゲレンデの滑りだった。