貝月山


2008年2月24日(日) 貝月山 緑水さん Tsutomu 山スキー


9:40 貝月ゲレンデ → 10:35 稜線登山道 → 11:30〜12:20 1206m付近休憩地 →
13:30 貝月ゲレンデ最頂部 → 14:40 貝月ゲレンデ


今シーズン、スキーの猛練習に励んでいる緑水さんから「揖斐の天狗山に行きませんか」の誘い。
練習の成果を見せたいとの意気込み。

前日、道の駅「ほしの里 藤橋」で車中泊まり込み宴会。
外は吹雪いていて翌日の天候が心配された。

翌朝、雪はやまない。
これはダメだと一旦は池田まで下る。
しかし、みるみる広がる青空。
もったいないなあ。
貝月へ行こう、と意見がまとまる。

昨夜の雪でスキー場までの道も雪がある状態。
タイヤを空転させている車を追い越して駐車場入口へ。
しかし、有料。
手前の方に戻ってそこから歩くことに。

車道も雪がついているのでシール歩行で快適だ。
駐車場から近道で貝月ゲレンデにあがる。



貝月ゲレンデのリフトは強風のためかストップしている。
このリフトを利用すると楽できるのだが仕方がない。
脇の林道を登って上部に行くことに。

緑さんは買ったばかりのヘルメットをかぶってなかなか様になっている。
スキーに対する意気込みを感じる。

林道を少し行ったところで緑さんの様子がおかしい。
シールに雪がついて重いという。
恐らく車道を歩いていた時にしみ込んだ水分に雪がついたのだろう。
雪を書き落として僕のシールワックスを塗りなんとか歩けるようになった。
シールワックスの存在を知らなかった緑さんは妙に感心していた。



林道途中から夏道登山道に入る。
雪がしっかりついていてなかなか快適だ。
緑さんも遅れずついてくる。
ていうか煽られている感じだ。
負けていられない。
筋力の衰えた足にむち打ってなんのそのと頑張る。

一時間ほどで稜線登山道。
そこから雪の稜線を今度は緑さん先行で進む。
雪の稜線は気持ちいい。
しかし、天候はよくなく遠くは真っ白。
時折陽が差すがすかっと晴れる様子はない。



急斜面の手前で緑さんと先頭を交替。
「こんなところ降りていけるかなあ」
緑さんは弱気だ。
「大丈夫!いざとなれば転べばいいです」
と脳天気な僕。

上部に行くに従って雪庇も現れてくる。
気をつけないと危険だ。



どのくらい登っただろう。
まだまだ先が遠いなあと思った頃、緑さんから休憩動議。
落ち着いて先を考えますか。

発達した雪庇の下に潜り込んで荷物を解く。
緑さんは泡チュウー、僕は無頼派で乾杯。
天気良くないけどなんだか落ち着くなあ。

地形図を見ると長者平からの登山道があわさるちょっと手前。
貝月まで順調に進めば一時間くらいか。

休憩を終え出発。
いきなり雪庇を越えるのに一苦労。
緑さんは雪庇下に降りたところに戻り雪庇上に出る。
しかし、歩を進めるごとに雪庇が崩れ先に進めないようだ。
「戻ろう」の声がかかる。

このルートは2度目。
前回も途中で引き返している。
今回はぜひと思っていた。
だが不安を抱えたまま進みたくはないので残念だが引き返すことに。

下山は緑さんにはシールで降りることを勧め自分はシールを剥がす。
先行した緑さんには直ぐに追いついた。
僕の滑りを見て緑さんもシールを剥がすことに。
大丈夫かな?

僕の心配をよそに緑さんは狭い稜線を果敢に降りていく。
大ゴケしながら、足を突っ張りながらではあるがその潔さがいい。
上手くなるだろうなという予感がする。



雪質がいいので狭い稜線の滑りも気持ちいい。
これが締まった雪だったりするとこうは行かないだろうな。

なかなか楽しく滑って貝月ゲレンデ最頂部へ。
昔はなかった避難小屋が立っていた。
中に入ってみると快適な空間。
ここで一息。
緑さんは疲れたのだろう。
寝そべっている。

休憩後は滑らない林道をエッコラ降りて途中からゲレンデに出る。
「滑りを見てくだされ」
緑さんが先行。
一年前とは見間違う成長ぶりだ。
これをと決めたら徹底的な緑さん。
恐るべし。

リフト乗り場に降りてからふと見上げる貝月ゲレンデが気になる。
「行って来なされ」
物欲しげな僕の視線に緑さんが声をかける。
その声に押されて空身でゲレンデを登っていく。

急斜面を一登りしたところでいよいよ滑降。
無垢な雪にへたくそなシュプールを残し気持ちよく降りていく。
でもあっと言う間。
それでも満足。
今日も楽しいスキーができたとの思いに浸っていた。