小白山


2008年4月5日(土) 小白山  奥美濃  単独


7:00 石徹白川左岸駐車地 → 8:00 和田山牧場跡 → 8:35 ダイレクト尾根 → 
9:55 稜線 → 10:10〜25 小白山北峰 → 10:30〜12:00 稜線休憩地 → 
13:15 和田山牧場跡 → 14:00 駐車地


膝をやってから一ヶ月。
世間では桜が満開となり春真っ盛り。
体もウズウズしてくる。
雪を求めていざ奥美濃へ。



東海北陸道は悩まされた渋滞は無し。
気分良く走り抜けて6時少し前に白鳥IC着。
しばらく待ってETCゲート通過。



桧峠を越えると、青空の下に石徹白の峰々。
どの山も白く輝いている。
思っていた以上に雪があるようだ。



ここで当初考えていた計画を変更。
登り慣れた野伏ヶ岳へと思っていたが
こんなに雪があるのだったら小白山へ行けそうだ。



小白山へのスキー山行はkyuさんが最近レポしている。
それを読んで羨ましく思っていた。
行ってみよう。



石徹白川近辺の駐車地にはすでにたくさんの車。
この季節、野伏ヶ岳を訪れる人は多い。
釣り客の車もあるようだ。



準備をととのへ出発。
和田山牧場跡への林道は雪が少ない。
植林帯に至ってようやくスキーを履くことができた。



和田山牧場跡は何度訪れてもいい。
野伏ヶ岳を正面にそこから続く峰々。
青空の下で白く輝くその美しさにはため息が出る。
今日は少し風が強い。



少し雪割れしてきた湿地帯を横切ってダイレクト尾根へ。
そこから小白山北峰北側のコルを真っ直ぐ目指す。
コルのすぐ下に木が一本。
kyuさんが「気になる木」と記していた木だ。



野伏ヶ岳南のなだらかな台地を横切っていく。
「アワツキダイラ」と言うらしい。
ちなみに小白山は地元では昔「コハクサン」と言っていたが
今では「オジラヤマ」と呼ぶようになったらしい。
登山者がそう呼ぶようになったからだそうだ。



右手に見える野伏ヶ岳の南斜面はデブリがすごい。
稜線付近もいつ崩れてもおかしくないような雪のブロックがちらほら。
恐いなあ。



途中からスノーシューのトレースがあるのに気付いた。
今日のもののようだからかなり早い出発だろう。
せっかくだからトレースを追わせてもらうことにした。



穏やかな台地を進み橋立峠を右手にやり過ごしたところから
急な斜面を登っていく。
稜線付近を見るとこちらも雪がずれてブロックができている。
あれが崩れたらいやだなあ。
地形を観察すると崩れてもルートには影響がなさそう。



目標のコル下の谷にはデブリ全くなし。
安心して登れそうだ。
ここを滑るのも楽しみになってくる。



急斜面を休み休みに登っていく。
一気に登れないのはブランクの影響かな。



気になる木が段々近づいてきた。
がなんとなく左の尾根上に出ることにした。



尾根上には籔をぬって幾つかのトレース。
それを辿るように進んで稜線の小さな雪庇下に出る。
風が避けられるので休憩はここにしよう。




荷物をデポして後は壺足でピークを目指す。
アイゼンを持ってこなかったが
適度に雪がゆるんでいて大丈夫そうだ。



急斜面をキックステップで登り切ると小白山北峰。
縦横に今日の踏み跡が付いているが誰もいない。
広々とした山頂からは360°の大パノラマ。
今までとは違った視点で見る石徹白の峰々が新鮮だ。



できれば南峰までと思ったが
吊り尾根を見ると雪庇が崩壊。
反対側はズドンと落ちるような急斜面。
こりゃ無理ですわ。
戻りましょう。



デポ地に戻って休憩。
ここからの眺めもまたいい。
アワツキダイラから和田山牧場跡へと続く白い台地。
そしてその向こうに連なる山々。
いつまでも見飽きない。



休憩を終えていよいよ滑降へ。
膝のことがあるので滑り出しは恐る恐る。
うん、痛みはない。
いけそうだ。



「気になる木」の谷へドロップ。
しかし、春の日差しに雪が重くなっていてスキーがひかかる。
安全にスピードを抑えて滑っていく。
しかし、それでも楽しい。
振り返れば深めのシュプールが一本無垢の雪面に描かれていく。



谷を滑り降りると後は緩やかな台地。
時折スキーを漕ぎながら進んでいく。
振り返るとコルから谷を下るシュプールひとつ。
誰かに「あれ僕がつけたんですよ」って言いたいなあ。



帰りは自動車道を使わず下道を帰った。
この時季、沿道の桜が良い感じなのだ。
今年は8分咲きの桜が目を楽しませてくれた。
おかげで気分良く車を走らせることができた。